2005年09月11日

ガンダムSEED DESATINY Phase-47「ミーア」@

久しぶりにガンダム種運命の感想を書いてます

以前書いたのがPhase-27「届かぬ思い」だったから
きっちり20話ぶり
前回書いてからは話がすごく停滞したので
感想書くのもつまんなくなっちゃってて・・・
おまけにブログの更新も全然せずonz

「種運命」ももう物語超終盤に入ってきてるので
話もサクサク進んで毎回おもしろい
でも残話数を数えるととてもまとまるとは思えない(汗
まぁ、それはそれで置いとこう(笑
ここまでくると絶対続編があると思うしね

個人的にはTVアニメの確立が一番高いと思ってます
ガンプラ売ってるバンダイさんが
ガンダムを続けないと会社的に収益上のコトも
あると思う
ガンプラは子供から大人まで幅広く、
息の長い購買活動によって商品的にも商売的にも
成り立つと思われるので
映画やDVDのみでは見る人が限られる
ガンプラ売るにはやっぱしそのMSなりMAが
常に視聴者の見える場所にある
=TV番組を使って宣伝するのがベスト

こういった点からみると
種運命は「ご都合主義」「演出がベタすぎ」等
結構「いまいち」評価を受けてるようですが、
これもまたこのことを考えればそういった
「わかりやすいこと」=子供にもある程度理解できる
必要があるということで、ある意味当然のことかなと・・・

私はそんなところも結構楽しんで見てますわ ほほ
でも一方で今作のテーマ「自立」はちと難しいかも?
なんて思ったりもしてね

結局ガンダム以上の大ヒット商品が生まれない限り
いろいろと、なかなかやめられないじゃないかなー
・・・と超自分勝手に思ってたりするのデス
(バンダイさん、間違ってたらごめんなさい)

とどのつまり関係者じゃないから全然知らないデス(笑


あれ?47話の感想書こうと思ってたのに
余談が長くなってしまった(汗

47話はこの話限りをみればとてもよかったと思う
そのへんは明日にでもじっくり書こう
・・・書けたらww
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。