2005年03月29日

砂の器

松本清張 の「砂の器」は去年04年1−3月にTBS系列で
SMAPの中居正広くん主演でやってましたね。
↓これです
砂の器 DVD-BOX

わたしはTVドラマをあまり見ない方ですが、
このドラマは毎週リアルでかかさず見てました。
ドラマと松本清張の原作本とはところどころ違う内容のようで、
今回のドラマの内容には賛否両論あるのかもしれませんが、
ニア子は原作本を読んだことがないので
特に先入観なく見れました。

内容を簡単に説明しますと、
主人公の新進気鋭のピアニスト和賀英良(←わがえいりょう・・・読めん!)が
昔お世話になった三木さん(赤井英和)をあやまって殺しちゃう
ってところから話は始まります。
当初は犯人がわからず、事件は迷宮入りしかけますが
今西(渡辺謙)&吉村(永井大)の2人の刑事たちの執念とも言える捜査で、
この事件は急展開。
中居くん演じる和賀英良のところにとうとう捜査の手が及んでくる。。。

俳優さんたちもすばらしく、
特に、SMAPの中居くん、こういっちゃなんですが、
意外に、しっかし、まじで本当によかったww
私は特にこのシーンが好きです!

渡辺謙演じる今西刑事と吉村刑事が
和賀英良のマンションにきて
地下駐車場で車から降りて中に入ろうとする和賀英良(中居くん)に
「和賀英良さんですね」
って呼びかけるんだけど、その時の中居くんの表情と
「はい、そうですが」
といって振り向いた時の表情。

この場面を「うたばん」で石橋貴明が中居くんをからかってたけど
中居くん、なかなかいい演技してんじゃん!
と思ったのはわたしだけでしょうか?

ほかにもいっぱいよいシーンがありますが、
ぜひDVDを観ていただければと思います。
風景もすごくきれいに撮られていますよ。

あと、主題歌のドリームズ・カムトゥルー
「やさしいキスをして」
もドラマにマッチしていてなかなか良いです。
年末の紅白で歌ってた時は、ちょっとさすがに懐かしかったけどね^_^;。
posted by かこり at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | ■ニア子趣味の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とかく世間から誤解さている中居正広。
【砂の器】の演技で、いくらかでも認識が新たになったこと・・・、嬉しいです。
【味いち】以来、注目してる人ですので〜♪
Posted by amicat at 2005年03月30日 09:38
「砂の器」なら、やっぱり映画がお勧めです。テレビも悪くなかったけど、オチが弱いというか、時代のせいで原作と違ったものになったのが残念です。
私は日本映画の中で「砂の器」が一番名作だと思っています。和賀英良は加藤剛、今西刑事は丹波哲郎でした。とにかく、最後の30分は圧倒されます。絶対に観てね。
Posted by 松村みか at 2005年04月05日 02:18
松村さん、コメントありがとうございます!
TVと映画は全然違うってことは聞いたことあります。
時代のせいで原作とは違ったものになってるというのは、
仕方のないことなのかなーとは思いますが、
映画、お勧めとあらば一度観てみます!
Posted by ニア子 at 2005年04月09日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。