2006年02月06日

ハイ・クライムズ

本日(5日) TVで放送してました
全然しらなかった映画ですが モーガン・フリーマンが出てたので
とりあえず 途中から見ました

ハイ・クライムズ <特別編>
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2003/06/19)
売り上げランキング: 22,491


結果は・・・

正直 盛り上がりに欠ける イマイチな作品かな
最後のオチが 納得できない ってか はぁ?わけわかんないって感じ

殺人犯じゃない 軍の陰謀で濡れ衣を着せられていると言う夫 
それを信じる弁護士の妻が
モーガン・フリーマン演ずる弁護士とともに
夫の無実をはらそうとするが・・・というストーリー

軍事法廷っていう 特殊な場所っていうのは おもしろかったよ
夫の無実を晴らすために 妻が次々に真実をつかんでいく 
そのために狙われ 危険な目にもあう
このあたりは まぁ よくある設定といえばそうなんだけど
それなりに 見るものをひきつけると思う

でも設定上 必要ないこともたくさんあって
モーガン・フリーマンのアル中は 全然話に関係なし
そして 事件の証人は 上官に嘘をつけって言われて 仕方なく証言したと吐く
妻は偽証の証拠をつかんだけど・・・
でもさ 真犯人は結局 夫
じゃ あの証言そのものが よくわかんないじゃん!って感じ

最後 あまりにも唐突に夫が真犯人になって 残忍になるのは
ストーリー上 理解に苦しむね その伏線もまったくなし 
映画の前半部分が全部台無しになってる気がする

というわけで 私的に この映画は10点満点中『4点』
点数の大半は 主役2人のうまさ ってことで
これは TVの2時間枠の映画時間には ぴったり
反対に 絶対特番として TV登場はないね
posted by かこり at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。